埼玉県さいたま市引越し探検隊!一番安い業者は?見積もりの料金相場はどの位?

さいたまで業者の人にものを壊されてしまったら?

2016年10月24日 10時31分

引越す時、引越し業者に全部任せて引越しをしようと思っている人は引越し契約を結ぶ際の契約書というのものをしっかりと読む必要があります。その理由は、引越しを行なう業者の人はロボットではありません。同じ人間です。やはりミスをしてしまうこともありますし、荷物を落としてしまうこともあります。いかに専門家だからといって何かのはずみで電化製品を取り落としてしまうかもしれません。かつて、私も職場で失敗したことがあるのですが、突然にお腹が痛くなり、運んでいた飲み物を足元にひっくり返してしまいました。いきなりの腹痛には注意が必要です。業者の人も同じことです。いきなりどこかが痛むかもしれない、前触れ無く腰を痛めてしまうかもしれないということが実際にあります。その時に、取り落としたものが壊れものだったら、引越し業者の人はどのような対応をするのでしょうか?冒頭にある通り契約書の内容を十分に読むこと、これはもしも荷物が壊れてしまったらどれが弁償対象になるのかを区別しておくことが肝心ということです。実は運ぶことを断られている物品もあるのです。そのような物については事情の如何を問わず弁償はしてもらえません。契約書の中にサインをしている限り、弁償は要求できません。しかし、それ以外のものなら壊れても弁償をしてもらうことができます。3ヶ月以内に連絡を絶対にしましょう。連絡する相手は引越し会社に直接でも構いませんが、自分の家に訪問してもらっていた場合はその時担当してくれた人にコンタクトを取るのが一番スムーズですいただいた名刺や契約書面などはしっかりと保管しておいてください。